ハズレの景品を考える

飲み会の二次会などでは、ビンゴ大会などの景品付きの催しというのがよく行われます。
参加する側としては楽しいものですが、困ってしまうのは用意をする側です。
幹事になってしまった人はどんなものを景品として用意するべきか迷ってしまうことでしょう。
この時、特に悩むのがハズレの景品です。

というのも、当たりの景品というのはある程度需要のありそうなものを、予算の中で選択すれば十分であるためすが、ハズレについてはどの程度のハズレにするべきなのかが問題です。
本当にもらって困るハズレにすれば反感を買いますし、かといってそこそこ良いものにすると当たった側の喜びが多少薄れてしまいがちです。
このバランスを取りつつ、両方を立てることが出来るようなハズレ景品を選ぶのが重要になるでしょう。

そもそも、ハズレと当たりの比率をどれぐらいに調節するのかも考えておいた方がよいでしょう。
これといった決まりはありませんが、おおよそ3分の1ぐらいの人が当たり景品を貰えるぐらいの比率にしておくのが射幸心を煽りやすく、お互いが楽しみやすい比率だと言えます。
その上で、ハズレを邪魔にはならないけれどそこまで嬉しいものではない、ぐらいのものにすると、ハズレ景品自体で楽しむことができるでしょう。

では、この先のページでより具体的にどのようなハズレ景品が考えられるのかを紹介します。
ここで紹介するのは予算にして500円以下のもので、大量に用意しても予算を圧迫しないものです。


◎関連情報サイト
忘年会の二次会などでビンゴ大会を行う場合に役立つ景品専門の通販サイトです ⇒ 忘年会景品

Copyright © 2014 ハズレの景品は何がいい? All Rights Reserved.